つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


myHULFT


評価版ダウンロード、ご利用製品のライセンス管理、セミナー/研修のお申込み、各種お問合せはこちらから

ログイン

技術サポートサービス


技術サポートサービスご契約のお客様へ:豊富なテクニカルFAQやマニュアル等を閲覧いただけます。是非ご利用ください!

ログイン

『 動作環境 』 内のFAQ

46件中 31 - 40 件を表示

4 / 5ページ
  • HULFT8 Script Optionの評価版について

    HULFT8 Script Option は、オプション単体での評価版提供はございません。 myHULFTよりHULFT本体と共にHULFT8 Script Optionの評価版利用申請をお願いします。 詳細表示

    • No:31753
    • 公開日時:2024/04/01 00:00
  • HDC-EDI Managerにて対応しているHDC-EDI BaseとHULFTのバージョンはいくつでしょうか。

    HDC-EDI Managerにて対応しているHDC-EDI BaseとHULFTのバージョンは、次のURLよりご確認いただけます。 <動作環境検索>  https://his.hulft.com/productinfo/opeenv/user HDC-EDI Managerの「... 詳細表示

    • No:30021
    • 公開日時:2024/04/01 00:00
  • HULFT-WebConnectで使用できるHULFTについて

    HULFT-WebConnect で使用できる HULFTのバージョンには制限があります。 以下URLのHULFT-WebConnectの■対応ミドルウェア情報よりご確認いただけます。 <動作環境検索>  https://his.hulft.com/productinfo/ope... 詳細表示

    • No:29192
    • 公開日時:2024/03/01 00:00
  • HULFT8を英語OS上で利用することは出来ますか?

    利用可能です。 HULFT8より、日本語版と英語版の区別はなく、切替えにより使用可能になりました。 インストール時の設定、もしくはシステム動作環境設定の「HULFT動作言語」で設定することができます。 HULFT7以前のバージョンについては、日本語環境 OS には日本語版製品、英... 詳細表示

    • No:29209
    • 公開日時:2024/02/01 00:00
  • プロキシサーバーを経由する環境で使用可能ですか?

    可能です。 認証が必要となるプロキシサーバーへの接続、特定の接続先に関してはプロキシサーバーを経由せずに直接接続する設定も可能です。 ただし、複数のプロキシサーバーの使い分けには対応しておりません。 ※詳細は、製品ヘルプをご確認ください(製品ヘルプの「アダプタ使用ガイド」→「稼働環境/環境設定」より「プ... 詳細表示

    • No:30024
    • 公開日時:2018/11/29 14:40
  • 仮想化ソフトウェアへの対応について

    仮想化環境やクラウド環境で動作しているOSおよびミドルウェアが、当社製品が対応しているOSおよびミドルウェアに準拠していれば、当社製品もそれに準じて対応とします。 ※当社は、特定の仮想化環境またはクラウド環境に対して、個別の動作確認は行っておりません。 当社が当社製品の動作に影響があると判断し... 詳細表示

    • No:29177
    • 公開日時:2024/02/01 00:00
  • 既存の同期設定にユーザーを追加するときにはどのような手順で設定したらいいでしょうか?

    管理者メニューより以下の手順でユーザーを追加してください。 ①[ユーザー]から同期対象になるユーザーを作成します。 ②[同期設定]から既存の同期タスクの[編集]を押下し、ユーザを追加します。 詳細表示

    • No:30030
    • 公開日時:2018/11/29 14:47
  • PIMSYNCサーバーの設定情報・同期情報をバックアップ/リストアすることはできますか?

    バックアップ/リストアは可能です。 バックアップ/リストア方法の詳細はヘルプ※をご参照ください。 ※ヘルプ→[運用ガイド]→[バックアップおよびリストア] 詳細表示

    • No:30029
    • 公開日時:2018/11/29 14:46
  • 複数のユーザーの認証を確認するにはどうしたらよいですか?

    管理者メニュー[同期設定]の[過去のデータの同期]を0日に設定した場合、初回同期時は読み取りを行なわない仕様となっております。 そのため、[過去のデータの同期]を0日に設定して同期することで複数ユーザの接続テストを1度に行うことが可能です。 なお、2回目以降の同期では、前回の実行からの差分を同期するため、... 詳細表示

    • No:30027
    • 公開日時:2018/11/29 14:44
  • どのような手順で設定したらいいでしょうか?

    管理者メニューより以下の手順で同期設定を作成してください。 ①[サーバー]から同期対象になるサーバーを作成します。 ②[ユーザー]から同期対象になるユーザーを作成します。 ③[同期設定]から同期元のサーバーと同期先のサーバーに対する同期タスクを作成します。 詳細表示

    • No:30028
    • 公開日時:2018/11/29 14:45

46件中 31 - 40 件を表示