• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


  • No : 31253
  • 公開日時 : 2019/12/20 10:16
  • 更新日時 : 2020/01/21 09:57
  • 印刷

DataSpider活用事例 ~【DataSpider Servista】データベースへ接続する手順 ~

DataSpiderにて各種データベースと連携するためには、事前にJDBCドライバの導入が必要な場合がございます。
今回は、JDBCドライバの導入手順から、接続テスト確認までの手順について紹介します。
 
カテゴリー : 

回答

■対象アダプタ
  • DB2
  • MySQL
  • Oracle
  • SQL Server
※ AccessはJDBC接続に対応しておりません。
※ PostgreSQLのJDBCドライバは製品に同梱されております。
 
■事前確認
下記の画面はJDBCドライバを導入前の状態です。
※連携先によってはタブも表示されない場合があります
 
■導入手順 (MySQLを例としております)
  1. DataSpiderServer および DataSpider各種アプリケーションを停止します。
  1. JDBCドライバを用意します。連携先の製品やバージョンごとに、必要となるJDBCドライバやバージョン異なります。詳細はヘルプをご確認ください。
  • DB2
  • MySQL
  • Oracle
  • SQL Server
 
  1. 用意したJDBCドライバをディレクトリにコピーします。コピー先は「$DATASPIDER_HOME/server/plugin/data_processing/modules」にある対象アダプタのディレクトリとなります。
  1. DataSpiderServerを起動します。
  1. DataSpider Studioを起動し、グローバルリソース設定において、作成可能な項目が追加されているか確認します。下の図は、MySQLとOracleのJDBCドライバを追加後の状態となります。
 
  1. 例としてMySQL 8.0用のグローバルリソース設定を作成します。MySQL 8.0を選択し、「次へ(N)>」を押下します。
    すると、次のような画面が表示されるので、各項目を入力します。
 
  1. 「接続テスト」をクリックし、問題なく接続出来た場合は次のようなダイアログが表示されます。
Version Information : 
Ver.4.2、Ver.4.1、Ver.4.0
目的別で検索 : 
設定

このFAQに関してのご意見をお聞かせ下さい。