• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


  • No : 27777
  • 公開日時 : 2017/07/03 17:50
  • 更新日時 : 2018/04/09 17:00
  • 印刷

【PIMSYNC】 Google Calendar アダプタの Google Calendar API version 3.0 対応に関して必要な準備を教えてください

Google Calendar アダプタの Google Calendar API version 3.0 対応に関して必要な準備を教えてください。
 
カテゴリー : 

回答

■はじめに
2014年11月17日の Google Calendar API version 2.0 の廃止に伴い、Google Calendar アダプタでは、Google Calendar に接続する際に使用する API を Google Calendar API version 3.0 に変更しています。
 
Google Calendar API version 3.0 対応の詳細は「参考情報」より FAQ No : 27815 をご参照ください。
 
Google Calendar API version 3.0 対応の Google Calendar アダプタをお使いいただく際には、Google Calendar 側、PIMSYNC 側の双方で設定が必要となります。詳細は以下をご参照ください。
 
また、ヘルプやFAQのリンクは「参考情報」にまとめておりますので、そちらからご参照ください。
 
■Google Calendar 側の設定
  1. すべての同期対象カレンダーの予定を変更できる権限の設定
「仕様変更の内容」に記載している通り、すべてのユーザのスケジュールに編集権限を持つユーザが必要となります。詳細はヘルプの以下の箇所をご確認ください。
 
Google Calendarアダプタ - サーバー設定 - 管理者について
  1. OAuth Client IDの作成
「仕様変更の内容」に記載している通り、Google Developer Console でOAuthを使用するための設定が必要になります。
詳細は以下をご参照ください。
  • Google Developer Console 上の設定
  1. 1秒あたりのコール数の制限値の変更
Google Calendar API version 3.0では、1秒あたりのAPIのコール数に制限が設定されています。運用上、上記の制限を超える場合には対応が必要になります。詳細はヘルプの以下の箇所をご確認ください。
 
Google Calendarアダプタ - 稼動環境/環境設定 - 1秒あたりのコール数の制限値の変更
  1. 1日あたりのコール数の制限値の変更
Google Calendar API version 3.0では、1日あたりのAPIのコール数に制限が設定されています。運用上、上記の制限を超える場合には対応が必要になります。詳細は FAQ No : 27794 をご参照ください。
 
 
■PIMSYNC 側の設定
README の「3. パッチの適用方法」にしたがってパッチを適用した後、PIMSYNC側にて以下の設定を実施してください。
 
Google Calendarアダプタ - 稼動環境/環境設定 - pim.hostプロパティの確認
Google Calendarアダプタ - サーバー設定 - リフレッシュトークンの取得について 
 
参考情報
 
PIMSYNC ヘルプ
 
FAQ No : 27794
 
ドキュメント
 
目的別で検索 : 
導入(移行)

このFAQに関してのご意見をお聞かせ下さい。