• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


  • No : 463
  • 公開日時 : 2013/01/16 17:59
  • 更新日時 : 2018/04/18 15:48
  • 印刷

ホスト名の解決方法について (HULFT 全OS)

ホスト名の解決に、 hosts ファイルと DNS のどちらを使用する環境であっても、 HULFT による通信は可能ですか。
 
また、集信をする際にも相手ホストとなる配信元のホスト名を集信側HULFTで名前解決できるよう、hosts ファイルや DNSへの登録は必要ですか。
カテゴリー : 

回答

hosts ファイルと DNS のどちらを使用する環境でもHULFT通信は可能です。 HULFT では、相手ホストにホスト名で ping が通る (名前解決と疎通ができる) ことを通信の前提条件としていますが、名前解決の方法は問いません。
 
また、集信側HULFTより要求発行(送信要求、リモートジョブ実行 等)を行う場合には、相手側(配信側)のホストに接続する必要があるため、要求発行側(集信側)で相手ホスト名の名前解決が必要です。その場合でも相手ホストにホスト名で ping が通ることを前提条件としており、名前解決の方法は問いません。
なお、集信側HULFTより要求発行を実施されない場合は、集信側での相手側のホスト名の名前解決は必要ではありません。
 
Version Information : 
Ver.5、Ver.6、Ver.7、Ver.8