• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
■検索のヒント■
未ログインのお客様は保守契約のあるシリアルNOでログインいただくと、より詳しいFAQがご覧いただけます。
ログインページはこちらから

FAQのNo.から検索


『 HULFT関連 』 内のFAQ

123件中 1 - 10 件を表示

1 / 13ページ
  • ホスト名や IPアドレスの変更にともなう HULFT での設定変更 【動画説明】

    ※本FAQには内容を分かりやすく補足した動画を用意しております。 【自ホスト側設定変更時の動画説明はこちら】 【相手ホスト側設定変更時の動画説明はこちら】 HULFT は IPアドレスを意識せず、ホスト名のみを使用して通信を行います。このため前提として、 HULFT を使用するホ... 詳細表示

    • No:473
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
    • 更新日時:2020/05/13 18:04
  • 配信側で完了コード "710" 、詳細コード "10060" のエラーが発生します (HULFT for Windows)

    完了コード"710"は「ソケットの生成、コネクトなど、ソケット関連の動作でエラーが発生した」ことを意味します。 完了コード"710"が出力された場合、詳細コードにはOSから受け取ったエラーコード(※1)がそのまま出力されます。 完了コード"710"の詳細についてはこちら ※1: HULFTは W... 詳細表示

    • No:459
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2019/01/10 09:51
  • 配信側で完了コード "710" 、詳細コード "10061" のエラーが発生します (HULFT for Windows)

    完了コード"710"は「ソケットの生成、コネクトなど、ソケット関連の動作でエラーが発生した」ことを意味します。 完了コード"710"が出力された場合、詳細コードにはOSから受け取ったエラーコード(※)がそのまま出力されます。 完了コード"710"の詳細についてはこちら ※HULF... 詳細表示

    • No:437
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2020/03/02 11:42
  • 配信側で "0310-0261" のエラーが発生します (HULFT UNIX/Linux)

    "310" はソケットの生成、コネクトなど、ソケット関連の動作でエラーが発生したという意味です。 "261" は集信ホストに対しての接続でエラーが発生したという意味です。 対処としては、以下の点を確認してください。 配信側の HULFT の [詳細ホスト情報] に設定した集信側のホスト名とポート番号に... 詳細表示

    • No:462
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2018/02/01 12:17
  • 配信処理に失敗した。完了コード”XXX710”が出力されている。(HULFT Windows)

    以下に完了コード”710”の説明と、本エラーコード出力時の対処方法を説明いたします。 HULFTは下記の図のとおりに配信側と集信側で確立したTCP/IP通信でデータ転送を行っています。 このOSで行っている2.のTCP/IP接続の確立に失敗した時に、OSから異常終了した旨の連絡を受け取る形で、完了コー... 詳細表示

    • No:29854
    • 公開日時:2018/09/20 17:48
    • 更新日時:2019/06/19 11:26
  • ホスト名の解決方法について (HULFT 全OS)

    hosts ファイルと DNS のどちらを使用する環境でもHULFT通信は可能です。 HULFT では、相手ホストにホスト名で ping が通る (名前解決と疎通ができる) ことを通信の前提条件としていますが、名前解決の方法は問いません。 また、集信側HULFTより要求発行(送信要求、リモートジョブ... 詳細表示

    • No:463
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2018/04/18 15:48
  • 製品のシリアル番号(製品情報)の確認方法について

    製品のシリアル番号(製品情報)の確認方法は、製品ごとに異なります。 確認したい製品を選択してください。 詳細表示

    • No:27516
    • 公開日時:2017/05/15 13:43
    • 更新日時:2020/06/09 16:35
    • ウィザードFAQ
  • HULFT の設定を引き継ぐ方法について(UNIX / Linux) 【動画説明】

    ※本FAQには汎用的な移行手順を分かりやすく補足した動画を用意しております。 【動画説明はこちら】 汎用的な手順 UNIX 系 OS 間同士かつ、同一リビジョン以上の HULFT 環境に対して適用可能な引き継ぎ方法です。通常はこちらの手順を採用してください。 管理情報パラメータファイル... 詳細表示

    • No:491
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
    • 更新日時:2019/10/11 15:54
  • ファイル転送時に完了コード "731"もしくは"732" 、詳細コード "10054" のエラーが発生します (HULFT Windows)

    完了コード"731"は「ソケットの送信処理に失敗しました。ソケットが切断された可能性があります。」の意味です。 完了コード"732"は「ソケットの受信処理に失敗しました。ソケットが切断された可能性があります。」の意味です。 ※ファイル転送の向き(配信、集信)は関係なく、ソケットが切断されるタイミング次第で完了... 詳細表示

    • No:439
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2019/06/10 16:22
  • プロダクトキー再発行が必要となるケース、および再発行方法(HULFT)

    以下の場合にプロダクトキーの再発行が必要になります。 製品の導入環境の変更により、以下の情報が変更される場合 導入マシンのホスト名の変更 (※) 導入 OS の変更 製品の変更 / 製品の構成を変更する場合 製品のレベルアップ・リビジョンアップ 製品の上位グレードへの移行 製品の... 詳細表示

    • No:16165
    • 公開日時:2017/08/24 00:00
    • 更新日時:2020/08/03 11:52

123件中 1 - 10 件を表示