• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


  • No : 20385
  • 公開日時 : 2014/12/01 00:00
  • 更新日時 : 2017/10/02 13:34
  • 印刷

HULFT8導入時の必須ソフトウェアについて(UNIX/Linux)

HULFT8を導入するために必要なソフトウェアをご教示ください。

カテゴリー : 

回答

HULFT導入時に必要となるソフトウェアは以下のとおりです。
 
■UNIX
 
64bitOSに32bitモジュールを導入いただく場合にのみ、32bit互換ライブラリの導入が必要となります。
上記以外のケースで必要となるソフトウェアはございません。
 
■Linux
 
64bitOSに32bitモジュールを導入いただく場合にのみ、32bit互換ライブラリの導入が必要となります。
 
HULFT8 for Linuxでは、OSのインストールメディアに同梱されている以下のパッケージおよび依存するパッケージをyumコマンドにて導入してください。
※ 以下のOSについては、32bit互換ライブラリの導入が原則不要です。
  • Red Hat Enterprise Linux 5 [x64]
  • Red Hat Enterprise Linux 5 Advanced Platform [x64]
  • Red Hat Enterprise Linux 5 Desktop with Workstation option [x64]
【パッケージ】
[z/Linuxの場合]
  • ncurses-libs.s390パッケージ ( Ver.8.1.0以降では不要 )
  • glibc.s390パッケージ
  • nss-softokn-freebl.s390パッケージ
[z/Linux以外の場合]
  • ncurses-libs.i686パッケージ ( Ver.8.1.0以降では不要 )
  • glibc.i686パッケージ
  • nss-softokn-freebl.i686パッケージ
【yum コマンドの実行例】
  • yum install ncurses-libs.i686
※ yumコマンドの詳しい使用方法については、yumコマンドのマニュアルをご確認下さい。
 
< 補足 >
 
本手順は以下のOSで動作検証を行っております。
  • Red Hat Enterprise Linux 6.0
  • Asianux Server 4.0
  • Oracle Linux 6.0 
 
また、32bit 互換ライブラリは rpm ファイルから導入することも可能です。この場合、上記パッケージに依存するパッケージも合わせて導入して下さい。
 
Version Information : 
Ver.8
目的別で検索 : 
導入(移行)