• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
■検索のヒント■
未ログインのお客様は保守契約のあるシリアルNOでログインいただくと、より詳しいFAQがご覧いただけます。
ログインページはこちらから

FAQのNo.から検索


『 HULFT関連 』 内のFAQ

123件中 51 - 60 件を表示

6 / 13ページ
  • HULFT は仮想化環境に対応していますか

    仮想化環境上で動作する OS が、使用する HULFT に対応している OS であれば、製品も対応するものという扱いです。しかし仮想化環境に特化した動作確認は行っていません。 問題が発生した場合はローカル環境でも同様の現象が発生するかどうかの切り分けをお願いする場合があります。 詳細表示

    • No:6
    • 公開日時:2013/01/16 17:52
  • 配信処理実行時、完了コード"250"が配信履歴に出力され、処理が失敗する。(HULFT for UNIX/Linux)

    配信側で出力される完了コード"250"は、集信側での問題を通知するエラーとなります。 集信側にエラーコードの確認をご依頼いただき、調査を進めていただけますようお願いいたします。 (本エラーは集信側に異常が発生したことを通知するエラーメッセージです。配信側からは本エラーの詳細な情報、対処方法を示す集... 詳細表示

    • No:28159
    • 公開日時:2017/08/22 09:29
    • 更新日時:2018/11/21 11:51
  • utlsendやutlrecvを同期指定(-sync)ありで実行した際、終了ステータス"133"でエラーが発生し、処理が失敗する(HULFT for Windows)

    コマンドの戻り値"133"は、同期指定で開始された転送処理が何らかの理由によりすべて失敗したことを意味します。 具体的にどのように失敗したかは、配信側のHULFTの管理画面の[配信履歴]に完了コード、詳細コードとして出力されます。 「エラーコード・メッセージマニュアル」に完了コードや詳細コードごとにエ... 詳細表示

    • No:28156
    • 公開日時:2017/08/22 09:34
  • 他社ソフトウェア導入による HULFT への影響について

    弊社では、他社ソフトウェアとの共存による影響については調査や管理を行っておりません。 HULFT は、弊社が動作サポートしている OS レベルでの動作保証のみを行っています。 ただし、 HULFT が使用するファイルをロックするウィルススキャンやモニタリング系のソフト、または、 HULFT が使用するポートを先... 詳細表示

    • No:5
    • 公開日時:2013/01/16 17:52
    • 更新日時:2018/03/22 18:00
  • コマンド実行履歴や、配信履歴、集信履歴をファイルにエクスポートすることは可能か(HULFT for Windows、UNIX/Linux)

    HULFTには、様々な履歴を表示するコマンドが用意されています。 これらの実行結果は標準出力に出力されますので、リダイレクトすることで、ファイルにエクスポートすることが可能です。 履歴 表示コマンド コマンド名 集配信履歴 集配信履歴リスト表示コマンド ... 詳細表示

    • No:28161
    • 公開日時:2017/09/07 11:23
    • 更新日時:2019/05/30 11:39
  • 管理 画面の履歴を確認したところ、エラーコードとして完了コード"301"が出力されていた。 (HULFT for UNIX/Linux)

    完了コード"301"は「ファイルをオープンすることができない」を意味しており、処理に使用しようとしているファイルやパスが存在しない、またはパーミッションが許可されていないなどによりアクセスできない場合に出力されます。 完了コード"301"が出力された場合、解決のため、「どの」ファイルがオープンで... 詳細表示

    • No:28158
    • 公開日時:2017/08/22 09:32
    • 更新日時:2020/02/21 12:17
  • エラー時のエラーコードに関して(UNIX/Linux) 【動画説明】

    ※本FAQには内容を分かりやすく補足した動画を用意しております。 【動画説明はこちら】 履歴情報のエラーコードは完了コードと詳細コードの2 種類があります。管理画面(utladmin)や、リスト表示コマンド(utllist、utlobslist)で確認できます。4 桁ずつで表示されますので、下... 詳細表示

    • No:16169
    • 公開日時:2013/08/02 17:03
    • 更新日時:2019/12/02 13:36
  • エラー時のエラーコードに関して(Mainframe)

    基本的なエラーコードとしては、HULFTの集配信、要求受付プログラム(STC)が出力する、【完了コード】-【詳細コード】があります。これらのコードで、大まかなエラーの概要が確認出来ます。各Mainframe版のマニュアル「エラーコード・メッセージマニュアル」により確認できます。 また、その他に有効なコードとして... 詳細表示

    • No:16164
    • 公開日時:2013/08/02 17:03
  • ダウンロードした製品モジュールの転送について (i5OS ZIPファイル)

    zip 形式の中身はSAVF 形式になっていないため、 FTP で転送をしても意味がありません。一度 Windows 環境などで展開し、展開後に作成されるフォルダの中のファイルを CD-R などのメディアに記録してください。その後、作成したメディアをインストール対象のマシン側でマウントして使用してください。 詳細表示

    • No:11496
    • 公開日時:2013/02/27 17:57
  • プロダクトキー発行時に入力する「ホスト名」とは (HULFT Family 全製品)

    ■評価版 導入環境問わず「ホスト名」は「test」で固定です。 プロダクトキー発行時に入力いただく必要はなく、導入環境のホスト名を「test」にする必要もありません。 ■製品版 導入環境のOS種ごとに、以下の情報をもとにプロダクトキーを発行してください。 ... 詳細表示

    • No:31357
    • 公開日時:2020/02/19 13:54

123件中 51 - 60 件を表示