• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
■検索のヒント■
未ログインのお客様は保守契約のあるシリアルNOでログインいただくと、より詳しいFAQがご覧いただけます。
ログインページはこちらから

FAQのNo.から検索


『 HULFT関連 』 内のFAQ

122件中 11 - 20 件を表示

2 / 13ページ
  • 製品版と評価版の違いについて(HULFT)

    製品版と評価版とでは、以下の2点の相違がございます。 1)試用期限の有無 【評価版】導入日から60日の試用期限が設けられています 【製品版】使用期限はございません 2)使用可能な機能の制限 【評価版】ダウンロードされた製品のグレード(※)によって、ご利用いただけない機能がございますが、全グレ... 詳細表示

    • No:17188
    • 公開日時:2014/01/31 16:53
    • 更新日時:2017/02/23 16:05
  • プロダクトキー再発行が必要となるケース、および再発行方法(HULFT)

    以下の場合にプロダクトキーの再発行が必要になります。 製品の導入環境の変更により、以下の情報が変更される場合 導入マシンのホスト名の変更 (※) 導入 OS の変更 製品の変更 / 製品の構成を変更する場合 製品のレベルアップ・リビジョンアップ 製品の上位グレードへの移行 製品の... 詳細表示

    • No:16165
    • 公開日時:2017/08/24 00:00
    • 更新日時:2020/08/03 11:52
  • ファイアウォールと[システム動作環境設定]で指定するポート番号の関係、各ポート番号の使用用途 (HULFT Windows)

    ポート番号の利用用途とファイアウォールへ設定する際の判断基準は、それぞれ以下のとおりです。 Ver.6、Ver.7、Ver.8共通項目 [集信ポートNo.] 集信プロセスが他ホストからのデータ送信を待ち受けるためのポート番号です。具体的には、集信処理で利用しております。 外部のHULFTから集... 詳細表示

    • No:20256
    • 公開日時:2014/10/31 21:19
    • 更新日時:2019/07/09 15:56
  • プロダクトキーの発行・再発行手順

    プロダクトキーの発行は、「myHULFT」より実施いただくことができます。 ※再発行の手順も、初回の発行手順と同じです。 ※プロダクトキーの発行は、何度でもやり直すことが可能です。 「myHULFT」にログイン後、画面左バーの上から3番目の[製品ダウンロード/キー発行]を押下する。 ... 詳細表示

    • No:30892
    • 公開日時:2019/09/19 16:35
    • 更新日時:2020/02/06 14:14
  • 配信側で完了コード "710" 、詳細コード "10054" のエラーが発生します (HULFT Windows)

    完了コード"710"は「ソケットの生成、コネクトなど、ソケット関連の動作でエラーが発生した」ことを意味します。 完了コード"710"が出力された場合、詳細コードにはOSから受け取ったエラーコード(※)がそのまま出力されます。 完了コード"710"の詳細についてはこちら( https://f... 詳細表示

    • No:30372
    • 公開日時:2019/06/19 11:35
    • 更新日時:2020/03/02 12:13
  • HULFT 製品のサポート期限 (EOS) について

    HULFT 製品の技術サポート期限に関しては、原則として製品販売終了後、5年間はStandard Support(通常サポート)、さらに5年間はLimited Support(延長サポート)として技術サポートサービスを提供します。 ただし、Limited Support(延長サポート)は料金が割増になり... 詳細表示

    • No:17
    • 公開日時:2013/02/13 17:31
    • 更新日時:2020/12/25 12:29
  • 評価版から正式版への環境移行について

    評価版と正式版のバージョン、レベル、リビジョンが同じ場合、環境を引き継いで正式版へ切り替えることは可能です。 HULFT Ver.7につきましては、評価版のアンインストールと製品版のインストールが必要です。 HULFT Ver.8につきましては、製品版のインストールは不要です。プロダクトキーの更新により製... 詳細表示

    • No:23021
    • 公開日時:2015/11/01 00:00
    • 更新日時:2020/12/04 14:56
  • 配信側で完了コード "710" 、詳細コード "10055" のエラーが発生します (HULFT for Windows)

    完了コード"710"は「ソケットの生成、コネクトなど、ソケット関連の動作でエラーが発生した」ことを意味します。 完了コード"710"が出力された場合、詳細コードにはOSから受け取ったエラーコード(※)がそのまま出力されます。 完了コード"710"の詳細についてはこちら ※HULFTは WinSo... 詳細表示

    • No:22763
    • 公開日時:2015/09/10 12:32
    • 更新日時:2018/09/18 10:27
  • 配信側で "732(10054)"、集信側で "0318-0000"のエラーが発生します (HULFT Windows、UNIX/Linux)

    Windows 側の完了コード "732" は受信処理に失敗しましたという意味です。詳細コード "10054" は Windows API から返却されたコードで、リモートホストによってソケットが切断されたという意味です。 UNIX/Linux 側の完了コード "318" はソケットまたはパイプに異常が発生した... 詳細表示

    • No:381
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2018/04/03 15:10
  • HULFTインストール時に「シリアル・プロダクトキーが不正です。」といったメッセージが出力される

    HULFTを導入する環境と、プロダクトキー発行画面で設定した情報が一致していないことに起因して、該当のメッセージが出力されます。 具体的には、下記が想定されます。 シリアル番号が異なっている。 バージョン・レベル・リビジョンが異なっている。 OS情報が異なっている。 ホスト名が異なっている。... 詳細表示

    • No:23019
    • 公開日時:2015/11/01 00:00
    • 更新日時:2020/01/28 10:45

122件中 11 - 20 件を表示