• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


『 HULFT関連 』 内のFAQ

128件中 61 - 70 件を表示

7 / 13ページ
  • HULFTインストール時に「シリアル番号・プロダクトキーが不正です。」の旨のメッセージで先に進めないので解決方法を教えてください

    HULFTを導入する環境と、プロダクトキー発行画面で設定した情報が一致していないことに起因して、該当のメッセージが出力されます。その不一致を解消させることで解決し、インストールを進めることができます。 不一致とは、具体的には、下記が想定されます。 シリアル番号が異なっている。 バージョン・レベル... 詳細表示

    • No:23019
    • 公開日時:2015/11/01 00:00
    • 更新日時:2022/09/14 13:50
  • プロダクトキーの変更を行いたい

    製品やバージョンによって対応方法が変わります。 HULFT および HULFT Manager Ver.8以上 HULFT IoT HULFT-HUB Server Ver.3.6.0 以上 DataMagic Ver.3以上 導入マニュアルの「プロダクトキーの更新」手順でプロダクトキーの変更を... 詳細表示

    • No:13359
    • 公開日時:2013/03/27 17:44
    • 更新日時:2018/03/22 18:00
  • マニュアルの読み方(HULFT Ver7、8 全OS)

    各マニュアルの用途、および記載概要について一覧で説明いたします。 ※本FAQで記載しているPDFファイル名、およびリンク先のマニュアルは「HULFT8 for Windows」を想定しております。  マニュアルのPDFファイルの名称はバージョンやOSによって変わります。  フ... 詳細表示

    • No:28110
    • 公開日時:2017/07/31 13:48
    • 更新日時:2022/10/03 18:17
  • バージョンアップにあたり、非互換があるかどうかを知りたいのですが、どうすれば確認できますか。(HULFT・HULFT-HUB・DataMagic・HULFT-WebFileTransfer)

    各製品の、バージョンアップ後の「新機能・非互換説明書」でご確認いただけます。 「新機能・非互換説明書」の構成は、製品によって異なります。 目次もしくは冒頭(※)から、非互換が記載されている章を選択し確認してください。 ※ [はじめに]の[本書の構成]や[マニュアルの構成] 「新... 詳細表示

    • No:34124
    • 公開日時:2022/09/27 13:56
  • HULFTの製品間移行について (Windows, UNIX/Linux)

    はじめに、評価版→評価版の製品間移行はグレード、バージョン、レベル、リビジョン、オプション有無問わずできません。 その他のHULFTの製品間移行(評価版→製品版、製品版→製品版)において、以下の移行はできません。 製品間移行ができない組み合わせ グレードダウン (Window... 詳細表示

    • No:28878
    • 公開日時:2018/03/29 10:07
    • 更新日時:2021/04/05 12:23
  • HDC-EDI Baseの設定移行について

    HDC-EDI Baseの定義情報の移行は情報登録コマンドを使用することで実現可能です。 以下にエクスポート、インポートコマンドの実行例を記載します。 コマンドの詳細については「HDC-EDI Base CommandOperationGuide」をご参照ください。 ※旧環境と同じ、もしくは旧環境よ... 詳細表示

    • No:24193
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
    • 更新日時:2019/04/03 15:41
  • ジョブが戻り値"1314"でエラーになります (HULFT Windows)

    ジョブの戻り値にはジョブの実行結果、もしくはジョブを実行した際にOSから返却されたエラーコードが格納されます。ジョブ内で明示的に"1314"を返却する作りになっていない場合、WindowsOSから受け取ったエラーコードをそのまま出力したコードと考えられ、「クライアントは要求された特権を保有していません。」... 詳細表示

    • No:30368
    • 公開日時:2019/06/19 11:29
    • 更新日時:2022/09/26 10:48
  • 日本の電子政府推奨暗号の暗号仕様への準拠について

    HULFT暗号は独自ロジックの暗号を行っておりますが、安全性確保のため、日本の電子政府推奨暗号の暗号仕様準拠への有無および類似暗号アルゴリズムについては、明確な回答ができかねます。 なお、HULFTのオプションである「HULFT8 CipherOption (AES)」(※1)については、日本の電子政府... 詳細表示

    • No:27719
    • 公開日時:2017/06/05 00:10
  • HULFT の設定を引き継ぐ方法について (Mainframe)

    「 HULFT for Mainframe 」 (ACOS 版を除く) で移行前後の HULFT のバージョン、レベル、リビジョンが同じ場合、 VSAM の AMS コマンドの REPRO を使用することで管理情報・履歴情報を引き継ぐことができます。手順は以下のとおりです。 旧環境にて VSAM ファイルか... 詳細表示

    • No:486
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
    • 更新日時:2020/02/19 14:38
  • 配信側で完了コード "710" 、詳細コード "11004" のエラーが発生します (HULFT for Windows)

    完了コード"710"は「ソケットの生成、コネクトなど、ソケット関連の動作でエラーが発生した」ことを意味します。 完了コード"710"が出力された場合、詳細コードにはOSから受け取ったエラーコード(※)がそのまま出力されます。 完了コード"710"の詳細についてはこちら ※HULFTは WinSock... 詳細表示

    • No:273
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2018/09/18 10:34

128件中 61 - 70 件を表示