• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


『 HULFT関連 』 内のFAQ

128件中 61 - 70 件を表示

7 / 13ページ
  • FireWall設定、チューニング、メモリ・ディスク見積り、APIサンプルなど、運用時に役立つ資料や手順書について教えてください。(HULFT・HULFT-HUB・HULFT-WebConnect)

    当サイトにて製品ごとに「技術文書」としてご用意しております。 下記リンクよりそれぞれの製品の技術文書一覧へ遷移しますので、そちらよりご希望の資料をダウンロードしてください。 ※一般公開向けからFAQを確認しているお客様 技術文書のページの閲覧には当サイトへのログイ... 詳細表示

    • No:28602
    • 公開日時:2017/12/27 14:09
    • 更新日時:2022/10/11 15:24
  • HULFT の設定を引き継ぐ方法について (Mainframe)

    「 HULFT for Mainframe 」 (ACOS 版を除く) で移行前後の HULFT のバージョン、レベル、リビジョンが同じ場合、 VSAM の AMS コマンドの REPRO を使用することで管理情報・履歴情報を引き継ぐことができます。手順は以下のとおりです。 旧環境にて VSAM ファイルか... 詳細表示

    • No:486
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
    • 更新日時:2020/02/19 14:38
  • プロダクトキーの変更を行いたい

    製品やバージョンによって対応方法が変わります。 HULFT および HULFT Manager Ver.8以上 HULFT IoT HULFT-HUB Server Ver.3.6.0 以上 DataMagic Ver.3以上 導入マニュアルの「プロダクトキーの更新」手順でプロダクトキーの変更を... 詳細表示

    • No:13359
    • 公開日時:2013/03/27 17:44
    • 更新日時:2018/03/22 18:00
  • ジョブが戻り値"1314"でエラーになります (HULFT Windows)

    ジョブの戻り値にはジョブの実行結果、もしくはジョブを実行した際にOSから返却されたエラーコードが格納されます。ジョブ内で明示的に"1314"を返却する作りになっていない場合、WindowsOSから受け取ったエラーコードをそのまま出力したコードと考えられ、「クライアントは要求された特権を保有していません。」... 詳細表示

    • No:30368
    • 公開日時:2019/06/19 11:29
    • 更新日時:2022/09/26 10:48
  • HULFT独自の暗号化ロジックの暗号化強度について教えてください。

    暗号化のアルゴリズムは非公開とさせていただいているため、暗号化強度に関する指標も提示できません。 なお暗号化は HULFT 独自の秘密キー方式で行われ、 8Byte(64bit) 以上・ 20Byte(160Bit) 以下の暗号キーを使用します。 詳細表示

    • No:14
    • 公開日時:2013/01/16 17:52
    • 更新日時:2022/10/19 13:40
  • HULFTの製品間移行について (Windows, UNIX/Linux)

    はじめに、評価版→評価版の製品間移行はグレード、バージョン、レベル、リビジョン、オプション有無問わずできません。 その他のHULFTの製品間移行(評価版→製品版、製品版→製品版)において、以下の移行はできません。 製品間移行ができない組み合わせ グレードダウン (Window... 詳細表示

    • No:28878
    • 公開日時:2018/03/29 10:07
    • 更新日時:2021/04/05 12:23
  • 別マシンへのバージョンアップ作業手順書 -Ver.6 or Ver.7からVer.8- (HULFT UNIX,Linux)

    以下の添付ファイルを参照ください。 1-HUL8-UX006-02_ALL.pdf 詳細表示

    • No:21834
    • 公開日時:2015/04/10 16:55
    • 更新日時:2020/02/06 14:17
  • 配信側で完了コード "710" 、詳細コード "11004" のエラーが発生します (HULFT for Windows)

    完了コード"710"は「ソケットの生成、コネクトなど、ソケット関連の動作でエラーが発生した」ことを意味します。 完了コード"710"が出力された場合、詳細コードにはOSから受け取ったエラーコード(※)がそのまま出力されます。 完了コード"710"の詳細についてはこちら ※HULFTは WinSock... 詳細表示

    • No:273
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2018/09/18 10:34
  • 移行期間ライセンスは新環境と旧環境のどちらに適用すべきでしょうか(HULFT)

    新環境には、現行の環境で利用しているライセンスでプロダクトキー発行作業を実施してください。 旧環境の延長利用のためには、プロダクトキー発行作業は不要です。移行期間ライセンスとは、「使用権を同数分増加させるライセンス」ですので、特にインストール作業などでは使用しません。 詳細表示

    • No:32867
    • 公開日時:2021/03/09 09:47
  • HDC-EDI Baseの設定移行について

    HDC-EDI Baseの定義情報の移行は情報登録コマンドを使用することで実現可能です。 以下にエクスポート、インポートコマンドの実行例を記載します。 コマンドの詳細については「HDC-EDI Base CommandOperationGuide」をご参照ください。 ※旧環境と同じ、もしくは旧環境よ... 詳細表示

    • No:24193
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
    • 更新日時:2019/04/03 15:41

128件中 61 - 70 件を表示