• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


『 HULFT関連 』 内のFAQ

123件中 51 - 60 件を表示

6 / 13ページ
  • クラスタ対応版設定例 -Ver.8- (HULFT UNIX / Linux)

    以下の添付ファイルを参照ください。 DNCWAREClusterPerfect版 1-HUL8-UX001-01_ALL.pdf HP MCServiceGuard版 1-HUL8-UX002-01_UNX.pdf LifeKeeper版 1-HUL8-UX003-01_LNX... 詳細表示

    • No:21115
    • 公開日時:2015/02/13 17:39
    • 更新日時:2017/11/20 14:59
  • ライセンスについて (HULFT)

    バージョンアップの際にバージョンアップ前の HULFT のシリアル番号は製品ライセンスも移行、上書きされた扱いとなりますので、 バージョンアップ前の HULFT と、バージョンアップ後の HULFT を同時に動作させることは原則ライセンス違反となります。 ただし、サーバのリプレイスに伴い一時的にシステムの並... 詳細表示

    • No:3
    • 公開日時:2013/01/16 17:52
    • 更新日時:2021/03/29 17:36
  • ホスト名変更に伴う設定について (HDC-EDI Base B2B/E2X)

    ホスト名変更に伴い設定変更が必要な内容は以下になります。 ◆HDC-EDI Base Ver.3.9.0以降 acms.propertiesファイル内のホスト名を変更 ライセンスメニューのノード情報から旧ホスト名を削除 (新ホスト名は HDC-EDI Base 起動時に自動設定されます) A... 詳細表示

    • No:788
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
  • コネクション確立の失敗を検知するまでの時間 (Windows)

    関連するパラメータは、 [システム動作環境設定] の [コネクションリトライ回数] (retrycnt) および [コネクションリトライ間隔] (retrytime) です。 HULFT が相手ホストへの接続を試みて、 TCP/IP からコネクション確立失敗のエラーを受け取った場合、 [コネクションリトライ間隔... 詳細表示

    • No:485
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
  • 別マシンへのバージョンアップ作業手順書 -Ver.6 or Ver.7からVer.8- (HULFT UNIX,Linux)

    以下の添付ファイルを参照ください。 1-HUL8-UX006-02_ALL.pdf 詳細表示

    • No:21834
    • 公開日時:2015/04/10 16:55
    • 更新日時:2020/02/06 14:17
  • HULFTの製品間移行について (Windows, UNIX/Linux)

    はじめに、評価版→評価版の製品間移行はグレード、バージョン、レベル、リビジョン、オプション有無問わずできません。 その他のHULFTの製品間移行(評価版→製品版、製品版→製品版)において、以下の移行はできません。 製品間移行ができない組み合わせ グレードダウン (Window... 詳細表示

    • No:28878
    • 公開日時:2018/03/29 10:07
    • 更新日時:2021/04/05 12:23
  • ファイル転送時に完了コード "731"もしくは"732" 、詳細コード "10053" のエラーが発生します (HULFT Windows)

    完了コード"731"は「ソケットの送信処理に失敗しました。ソケットが切断された可能性があります。」の意味です。 完了コード"732"は「ソケットの受信処理に失敗しました。ソケットが切断された可能性があります。」の意味です。 ※ファイル転送の向き(配信、集信)は関係なく、ソケットが切断されるタイミング次... 詳細表示

    • No:27376
    • 公開日時:2017/04/01 00:01
    • 更新日時:2019/06/10 16:20
  • HULFT 複数起動時のライセンスについて

    HULFT のライセンスは 1 OS に対して 1 ライセンスとなっていますので、 1 OS 上に複数の HULFT を起動した場合でも、 1 ライセンスで問題ありません。 詳細表示

    • No:11
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
  • 移行期間ライセンスは新環境と旧環境のどちらに適用すべきでしょうか(HULFT)

    新環境には、現行の環境で利用しているライセンスでプロダクトキー発行作業を実施してください。 旧環境の延長利用のためには、プロダクトキー発行作業は不要です。移行期間ライセンスとは、「使用権を同数分増加させるライセンス」ですので、特にインストール作業などでは使用しません。 詳細表示

    • No:32867
    • 公開日時:2021/03/09 09:47
  • 配信側で完了コード "710" 、詳細コード "10054" のエラーが発生します (HULFT Windows)

    完了コード"710"は「ソケットの生成、コネクトなど、ソケット関連の動作でエラーが発生した」ことを意味します。 完了コード"710"が出力された場合、詳細コードにはOSから受け取ったエラーコード(※)がそのまま出力されます。 完了コード"710"の詳細についてはこちら( https://f... 詳細表示

    • No:30372
    • 公開日時:2019/06/19 11:35
    • 更新日時:2020/03/02 12:13

123件中 51 - 60 件を表示