• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


『 HULFT関連 』 内のFAQ

128件中 51 - 60 件を表示

6 / 13ページ
  • 環境移行に伴う並行稼働について何か手続きが必要か (HULFT製品)

    並行稼働する期間によって、別途ライセンスをご購入いただく必要があります。 (1) 無償期間 60日以内の並行稼動は追加料金不要となります。 ご利用いただいているライセンスを別サーバへインストールしてください。 (2) 無償期間を超える並行稼動 61日以上継続利用さ... 詳細表示

    • No:31222
    • 公開日時:2019/12/10 15:26
    • 更新日時:2019/12/17 09:33
  • 製品マニュアルをmyHULFTからダウンロードしたい (全製品 全OS)

    HULFT8、DataSpider Servistaなど一部の製品は、左メニューの[製品情報]-[マニュアル] から、マニュアルをダウンロードすることが可能です。 また、ライセンスを登録した製品のマニュアルは、製品ダウンロードから入手することが可能です。 ※事前に「ライセンス登録/認証ID... 詳細表示

    • No:34132
    • 公開日時:2022/10/05 10:00
    • 更新日時:2022/10/13 17:33
  • HULFT の設定を引き継ぐ方法について(IBMi)

    履歴情報も引き継ぐ場合 HULFT が導入されていない新環境に、管理情報・履歴情報を引き継いで環境移行する場合は、以下の手順で作業を行ってください。 ※作業時はHULFTを停止してください。 旧環境にて HULFT ライブラリを SAVLIB で移行用媒体に保存 移行用媒体を使用し、新環境... 詳細表示

    • No:488
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
    • 更新日時:2022/10/03 18:11
  • HULFTの評価版で設定した情報を引き継ぐ形で正式版に移行する方法を教えてください

    HULFT Ver.8につきましては、プロダクトキーの更新により、設定を引き継ぐ形で製品版へ切り替えることが可能です。 製品版のインストールは不要です。 Ver.8 : 導入マニュアル 「プロダクトキーの更新」  ※Ver.8の各プラットフォームの操作方法は、下記マニュアルからご参照... 詳細表示

    • No:23021
    • 公開日時:2015/11/01 00:00
    • 更新日時:2022/09/15 11:49
  • 配信側で完了コード "710" 、詳細コード "11001" のエラーが発生します。原因と対処方法を教えてください。 (HULFT for Windows)

    上記のエラーは、配信側のHULFTが相手ホストに接続する際に、TCP/IPレベルで接続に失敗した場合に発生します。 完了コード"710"は「ソケットの生成、コネクトなど、ソケット関連の動作でエラーが発生した」ことを意味します。 完了コード"710"が出力された場合、詳細コードにはOSか... 詳細表示

    • No:30371
    • 公開日時:2019/06/19 11:35
    • 更新日時:2022/10/03 18:30
  • ファイアウォールへ透過すべき [システム動作環境設定]で指定するポート番号(HULFT Windows Ver.7)

    お客様の運用によって、透過設定すべきポート番号が変わります。ファイアウォールへ設定する際の判断基準は、それぞれ以下のとおりです。 [集信ポートNo.] 外部のHULFTから集信処理を行う場合、もしくは外部のHULFT、HULFT関連製品より集信プロセスの生存監視を受け付ける場合はファイアウォー... 詳細表示

    • No:34084
    • 公開日時:2022/09/06 10:33
  • ライセンスについて (HULFT)

    バージョンアップの際にバージョンアップ前の HULFT のシリアル番号は製品ライセンスも移行、上書きされた扱いとなりますので、 バージョンアップ前の HULFT と、バージョンアップ後の HULFT を同時に動作させることは原則ライセンス違反となります。 ただし、サーバのリプレイスに伴い一時的にシステムの並... 詳細表示

    • No:3
    • 公開日時:2013/01/16 17:52
    • 更新日時:2021/03/29 17:36
  • 起動時に"E******(10048)"や"X******(10048)"のエラーが発生してプロセスが起動できません (HULFT Windows)

    "10048"はWindows APIから返却されたエラーコードで「通常、各ソケットアドレスに対してプロトコル、ネットワークアドレス、またはポートのどれか1つのみを使用できます。」という意味です。 起動できなかったプロセスで使用するポート番号が、既にほかのアプリケーションなどで使用されている... 詳細表示

    • No:131
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2022/09/26 10:50
  • HULFTインストール時に「シリアル番号・プロダクトキーが不正です。」の旨のメッセージで先に進めないので解決方法を教えてください

    HULFTを導入する環境と、プロダクトキー発行画面で設定した情報が一致していないことに起因して、該当のメッセージが出力されます。その不一致を解消させることで解決し、インストールを進めることができます。 不一致とは、具体的には、下記が想定されます。 シリアル番号が異なっている。 バージョン・レベル... 詳細表示

    • No:23019
    • 公開日時:2015/11/01 00:00
    • 更新日時:2022/09/14 13:50
  • マニュアルの読み方(HULFT Ver7、8 全OS)

    各マニュアルの用途、および記載概要について一覧で説明いたします。 ※本FAQで記載しているPDFファイル名、およびリンク先のマニュアルは「HULFT8 for Windows」を想定しております。  マニュアルのPDFファイルの名称はバージョンやOSによって変わります。  フ... 詳細表示

    • No:28110
    • 公開日時:2017/07/31 13:48
    • 更新日時:2022/10/03 18:17

128件中 51 - 60 件を表示