• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


『 HULFT関連 』 内のFAQ

123件中 41 - 50 件を表示

5 / 13ページ
  • 評価版から正式版への環境移行について

    評価版と正式版のバージョン、レベル、リビジョンが同じ場合、環境を引き継いで正式版へ切り替えることは可能です。 HULFT Ver.7につきましては、評価版のアンインストールと製品版のインストールが必要です。 HULFT Ver.8につきましては、製品版のインストールは不要です。プロダクトキーの更新により製... 詳細表示

    • No:23021
    • 公開日時:2015/11/01 00:00
    • 更新日時:2020/12/04 14:56
  • HULFT の設定を引き継ぐ方法について(IBMi)

    履歴情報も引き継ぐ場合 HULFT が導入されていない新環境に、管理情報・履歴情報を引き継いで環境移行する場合は、以下の手順で作業を行ってください。 ※作業時はHULFTを停止してください。 旧環境にて HULFT ライブラリを SAVLIB で移行用媒体に保存 移行用媒体を使用し、新環境... 詳細表示

    • No:488
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
    • 更新日時:2020/01/14 12:16
  • 日本の電子政府推奨暗号の暗号仕様への準拠について

    HULFT暗号は独自ロジックの暗号を行っておりますが、安全性確保のため、日本の電子政府推奨暗号の暗号仕様準拠への有無および類似暗号アルゴリズムについては、明確な回答ができかねます。 なお、HULFTのオプションである「HULFT8 CipherOption (AES)」(※1)については、日本の電子政府... 詳細表示

    • No:27719
    • 公開日時:2017/06/05 00:10
  • HULFT活用事例 ~インストールについてのFAQまとめ~

    ■新しくインストールする際に役立つFAQ■ インストール時に「シリアル・プロダクトキーが不正です。」といったメッセージが出力される インストール時に「必須ソフトウェアがインストールされていません。」といったメッセージが出力される HULFT8インストール時の必須ソフトウェアは?(Wi... 詳細表示

    • No:30336
    • 公開日時:2019/05/30 10:37
    • 更新日時:2020/01/28 10:57
  • HULFTの製品間移行について (Windows, UNIX/Linux)

    はじめに、評価版→評価版の製品間移行はグレード、バージョン、レベル、リビジョン、オプション有無問わずできません。 その他のHULFTの製品間移行(評価版→製品版、製品版→製品版)において、以下の移行はできません。 製品間移行ができない組み合わせ グレードダウン (Window... 詳細表示

    • No:28878
    • 公開日時:2018/03/29 10:07
    • 更新日時:2021/04/05 12:23
  • プロダクトキーの変更を行いたい

    製品やバージョンによって対応方法が変わります。 HULFT および HULFT Manager Ver.8以上 HULFT IoT HULFT-HUB Server Ver.3.6.0 以上 DataMagic Ver.3以上 導入マニュアルの「プロダクトキーの更新」手順でプロダクトキーの変更を... 詳細表示

    • No:13359
    • 公開日時:2013/03/27 17:44
    • 更新日時:2018/03/22 18:00
  • HULFT活用事例 ~【HULFT】HULFTクラウドストレージオプションのご紹介~

    【 目次 】 【1】製品概要 【2】製品の利用シーン、メリット 【3】よくあるお問合せ 【4】クラウド上にファイルを転送するための設定について 【1】製品概要 HULFTクラウドストレージオプションは、クラウドサービス上のオブジェクトストレージに直接ファイル転送を行うためのHULFTの... 詳細表示

    • No:31354
    • 公開日時:2020/02/19 00:00
    • 更新日時:2020/12/19 08:37
  • ライセンスについて (HULFT)

    バージョンアップの際にバージョンアップ前の HULFT のシリアル番号は製品ライセンスも移行、上書きされた扱いとなりますので、 バージョンアップ前の HULFT と、バージョンアップ後の HULFT を同時に動作させることは原則ライセンス違反となります。 ただし、サーバのリプレイスに伴い一時的にシステムの並... 詳細表示

    • No:3
    • 公開日時:2013/01/16 17:52
    • 更新日時:2021/03/29 17:36
  • 配信側で "0310-0000" のエラーが発生します

    "310" はソケットの生成、コネクトなど、ソケット関連の動作でエラーが発生したという意味です。 対処としては、以下の点を確認してください。 集信側の HULFT が起動しているか 配信側の [詳細ホスト情報] および集信側の [システム動作環境設定] に設定された集信ポート番号が一致しているか ... 詳細表示

    • No:417
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
  • 環境移行に伴う並行稼働について何か手続きが必要か (HULFT製品)

    並行稼働する期間によって、別途ライセンスをご購入いただく必要があります。 (1) 無償期間 60日以内の並行稼動は追加料金不要となります。 ご利用いただいているライセンスを別サーバへインストールしてください。 (2) 無償期間を超える並行稼動 61日以上継続利用さ... 詳細表示

    • No:31222
    • 公開日時:2019/12/10 15:26
    • 更新日時:2019/12/17 09:33

123件中 41 - 50 件を表示