• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


『 HULFT関連 』 内のFAQ

123件中 31 - 40 件を表示

4 / 13ページ
  • エラー時のエラーコードの体系について(HULFT Windows) 【動画説明】

    ※本FAQには内容を分かりやすく補足した動画を用意しております。 【動画説明はこちら】 履歴情報のエラーコードは、完了コードと詳細コードの2種類があります。HULFT管理画面の状況照会の各画面で確認できます。完了コードは6桁で表示されますが、下3桁の数字を参照してください。 0000... 詳細表示

    • No:16168
    • 公開日時:2013/08/02 17:03
    • 更新日時:2019/12/02 13:35
  • ホスト名の解決方法について (HULFT 全OS)

    hosts ファイルと DNS のどちらを使用する環境でもHULFT通信は可能です。 HULFT では、相手ホストにホスト名で ping が通る (名前解決と疎通ができる) ことを通信の前提条件としていますが、名前解決の方法は問いません。 また、集信側HULFTより要求発行(送信要求、リモートジョブ... 詳細表示

    • No:463
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2018/04/18 15:48
  • ウィルス監視ソフトの導入 (HULFT Windows,UNIX/Linux)

    I/O競合が発生して問題となる事例があるため、弊社は以下のフォルダおよびディレクトリの除外を推奨しております。対象については、リアルタイムスキャン、フルタイムスキャンなどスキャンの形式に関わらず、共通となります。 <運用上除外を推奨するフォルダおよびディレクトリ> HULFT導入フォルダお... 詳細表示

    • No:17155
    • 公開日時:2014/01/31 17:42
    • 更新日時:2021/01/05 16:28
  • ユーティリティの戻り値の確認方法

    各 OS ごとの戻り値の確認方法は以下のとおりとなります。 Windows の場合 echo %ERRORLEVEL% UNIX/Linux (b シェル系) の場合 echo $? UNIX/Linux (c シェル系) の場合 echo $status IBMi ... 詳細表示

    • No:543
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2018/07/09 10:13
  • 配信側で完了コード "710" 、詳細コード "11001" のエラーが発生します (HULFT Windows)

    完了コード"710"は「ソケットの生成、コネクトなど、ソケット関連の動作でエラーが発生した」ことを意味します。 完了コード"710"が出力された場合、詳細コードにはOSから受け取ったエラーコード(※)がそのまま出力されます。 完了コード"710"の詳細についてはこちら( https://faq2.hu... 詳細表示

    • No:30371
    • 公開日時:2019/06/19 11:35
  • HULFT で暗号化を行うには「 HULFT 暗号・オプション」が必要ですか

    「 HULFT 暗号・オプション」がなくても暗号化を行えます。 HULFTで使用できる暗号方式には、HULFT 暗号、C4S 暗号、AES 暗号の3種類があります。 このうち、C4S 暗号、AES 暗号が「 HULFT 暗号・オプション」(フォーカスシステムズ社の暗号製品)です。 HULFT 暗... 詳細表示

    • No:289
    • 公開日時:2013/01/16 17:59
    • 更新日時:2019/02/25 14:45
  • 異なる OS 間で HULFT の設定を引き継ぐ方法について

    異なる OS 間で HULFT の設定を引き継ぐ機能はありません。 代替手段として、管理情報をパラメータファイル (テキスト形式) に書き出して移行する方法が考えられます。手順は以下のとおりです。 旧環境の HULFT にて、管理情報パラメータファイル生成コマンド (Mainframe 版の場合は管理情報... 詳細表示

    • No:346
    • 公開日時:2015/08/05 11:54
    • 更新日時:2018/03/08 18:00
  • プロダクトキー発行時に入力する「ホスト名」とは (HULFT Family 全製品)

    ■評価版 導入環境問わず「ホスト名」は「test」で固定です。 プロダクトキー発行時に入力いただく必要はなく、導入環境のホスト名を「test」にする必要もありません。 ■製品版 導入環境のOS種ごとに、以下の情報をもとにプロダクトキーを発行してください。 ... 詳細表示

    • No:31357
    • 公開日時:2020/02/19 13:54
  • HULFT活用事例 ~FirewallについてのFAQまとめ~

    ■Firewallの基本設定について■ Firewall の設定方法 (HULFT 全OS) ← まずはこちらから! Firewallと各ポート番号の関係、使用用途について (HULFT Windows) ■こんなエラーは出ていませんか? -Firewallでよくあるトラブル-■... 詳細表示

    • No:30432
    • 公開日時:2019/07/12 10:06
  • 評価版から正式版への環境移行について

    評価版と正式版のバージョン、レベル、リビジョンが同じ場合、環境を引き継いで正式版へ切り替えることは可能です。 HULFT Ver.7につきましては、評価版のアンインストールと製品版のインストールが必要です。 HULFT Ver.8につきましては、製品版のインストールは不要です。プロダクトキーの更新により製... 詳細表示

    • No:23021
    • 公開日時:2015/11/01 00:00
    • 更新日時:2020/12/04 14:56

123件中 31 - 40 件を表示