• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


  • No : 27788
  • 公開日時 : 2017/07/04 11:39
  • 更新日時 : 2018/04/09 17:00
  • 印刷

【PIMSYNC】 PIMSYNC 使用しているTLSのバージョンの確認方法について

TLS のバージョンを指定するパッチモジュールを適用しました。
想定通りに TLS のバージョンが変更されているのか確認したいのですが、PIMSYNC 側で確認する方法はありますか?
 
カテゴリー : 

回答

調査用のデバッグモードを指定することで、コンソールまたはログに、「TLSv1.2 Handshake」など、通信に使用している TLS のバージョンが出力されます。
上記よりご確認をお願いいたします。
 
なお、この設定は調査用の設定のため、確認するときにのみ有効として、確認が完了したときには、「■戻し手順」をご参照いただき、かならず設定を元に戻すようにしてください。
 
■設定手順
  1. PIMSYNC の停止
PIMSYNC のサービスを停止してください。
  1. 設定ファイルに調査用のキーを追記
以下の設定ファイルにデバッグ用のキーを追記してください。
  • 設定ファイル
$PIMSYNC_HOME/conf/pim.properties
  • 設定キー、設定値
javax.net.debug=ssl
  1. 通信ログをコンソールからファイルに出力するように設定
調査用のモードを有効にしたログを、ファイルに出力するために以下の設定ファイルで設定キーを変更してください。
  • 設定ファイル
$PIMSYNC_HOME/bin/PIMSYNC.lax
  • 設定キー、指定内容
lax.stdout.redirect=../logs/std.log
 
※上記の値は任意で設定してください。
 この例では、以下のファイルに出力する設定になっています。
 $PIMSYNC_HOME/logs/std.log
 
 変更前は以下のように「console」が指定されております。
 この場合、コンソールに出力します。
 lax.stdout.redirect=console
  1. PIMSYNC の起動
PIMSYNC のサービスを起動してください。
 
■戻し手順
  1. PIMSYNC の停止
PIMSYNC のサービスを停止してください。
  1. 変更した設定を元に戻す
「■設定手順」の「2.」「3.」で変更した設定を元に戻してください。
  1. PIMSYNC の起動
PIMSYNC のサービスを起動してください。
 
目的別で検索 : 
導入(移行)

このFAQに関してのご意見をお聞かせ下さい。