• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQのNo.から検索


  • No : 21287
  • 公開日時 : 2015/03/02 08:14
  • 更新日時 : 2021/02/16 14:59
  • 印刷

【DataSpider Servista】 開発用クライアントと実行用クライアントの違いはなんですか

開発用クライアントと実行用クライアントの違いはなんですか?
カテゴリー : 

回答

■開発用クライアント
 
GUIベースでスクリプトの開発を行うことが可能なインターフェースです。
開発用クライアントではスクリプトの開発、実行、テスト、スクリプトの運用決定、各種環境設定が可能です。
インストールする台数に制限はございませんが、DataSpiderServerへの最大同時接続数 = ライセンス数 となっております。
 
 ※上記は 3.0 以降のバージョンについてのライセンス数のカウント方法です。
  バージョン 2.4.X では、クライアントのインストール数 = ライセンス数 となっております。
 
 なお、開発用クライアントのライセンス数につきましては、以下の通り、ご購入いただいたパッケージの種類によって異なります。
  • Advanced Server Package、Basic Server Package: 5 ライセンス
  • Select: 2 ライセンス
 また、ライセンスにつきましては、別途追加購入が可能です。
 その際は、担当営業までご相談ください。
 
■実行用クライアント
 
外部から処理を実行することが可能なインタフェースです。
実行用クライアントでは、スクリプトの実行、スクリプトの運用決定、各種環境設定が可能です。
インストールする台数に制限はございません。
 
■選択方法
 
DataSpider Servista インストール時の「クライアント環境の選択」は開発用クライアントと実行用クライアントから選択可能です。
それぞれを選択した場合にインストールされるクライアントは以下になります。
  • 開発用クライアント:「DataSpider Studio」「CLI Console」「ScriptRunner」
  • 実行用クライアント:「CLI Console」「ScriptRunner」
 
目的別で検索
仕様確認