• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
■検索のヒント■
未ログインのお客様は保守契約のあるシリアルNOでログインいただくと、より詳しいFAQがご覧いただけます。
ログインページはこちらから

FAQのNo.から検索


『 その他製品 』 内のFAQ

10件中 1 - 10 件を表示

1 / 1ページ
  • 【PIMSYNC】 サーバー設定で指定している接続先のホスト名、IP アドレスまたは URL を変更する場合の対応について

    PIMSYNC の管理画面からホスト名、IPアドレスまたは URL が変更された接続先のサーバー編集画面を開き、ホスト名、IPアドレスまたは URL を含む項目の値を変更してください。 ※同時にスケジュールや ToDo のデータも変更になる場合には、同期タスクをいったん削除したあと、新規作成する必要があ... 詳細表示

    • No:27781
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
    • 更新日時:2020/03/17 11:34
  • ホスト名や IPアドレスの変更にともなう HULFT-WebConnectでの設定変更

    HULFT-WebConnectでは、通信を経由するサーバがいくつかあり、どのサーバのホスト名・IPアドレスが変更されるのかによって、必要な設定変更作業が変わります。 以下それぞれのパターンについて、個別に回答いたします。 自ネットワークのAgent導入サーバ 自ネットワークのCLI導入... 詳細表示

    • No:25958
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
  • ホスト名や IPアドレスの変更にともなう SIGNAlert での設定変更 (全OS)

    ManagerおよびAgentどちらのサーバのホスト名・IPアドレスが変更されるのかによって、必要な設定変更作業が変わります。 以下それぞれのパターンについて、個別に回答いたします。 SIGNAlert Manager導入サーバ SIGNAlert Agent導入サーバ ■SIGNAl... 詳細表示

    • No:29322
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
  • DataMagic Manager の設定を引き継ぐ方法について

    移行前後で、バージョン・レベルまで一致している場合に限り、以下の方法で設定を引き継ぐことが可能です。 移行元のDataMagic Managerの終了 以下のマニュアルに記載されている手順でDataMagic Managerを終了してください。 【マニュアル】 「DataMagic for... 詳細表示

    • No:27523
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
  • ホスト名や IPアドレスの変更にともなう HULFT-WebFileTransfer での設定変更

    HULFT-WebFileTransferでは、通信を経由するサーバがいくつかあり、どのサーバのホスト名・IPアドレスが変更されるのかによって、必要な設定変更作業が変わります。 以下それぞれのパターンについて、個別に回答いたします。 クライアント(ブラウザ、コマンド、GUI)導入サーバ PROX... 詳細表示

    • No:29323
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
  • ホスト名や IPアドレスの変更にともなう HULFT-IoT での設定変更 (全OS)

    HULFT-IoTでは、通信を経由するサーバがいくつかあり、どのサーバのホスト名・IPアドレスが変更されるのかによって、必要な設定変更作業が変わります。 以下それぞれのパターンについて、個別に回答いたします。 HULFT-IoT Agent導入サーバ HULFT-IoT ManagerおよびHU... 詳細表示

    • No:29321
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
  • ホスト名や IPアドレスの変更にともなう DataMagic での設定変更 (全OS)

    DataMagicでは、処理に関連するサーバがいくつかあり、どのサーバのホスト名・IPアドレスが変更されるのかによって、必要な設定変更作業が変わります。 以下それぞれのパターンについて、個別に回答いたします。 DataMagic Server(Ver.2 以下ではHULFT-DataMagic)導... 詳細表示

    • No:29320
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
  • HULFT-WebConnect CLIの設定を引き継ぐ方法について

    汎用的な手順 (※1) 同一リビジョン以上のCLI環境に対して適用可能な引き継ぎ方法です。通常はこちらの手順を採用してください。 旧環境のCLI導入フォルダ(ディレクトリ)以下の「config」フォルダ(ディレクトリ)をバックアップ 新環境にCLIを新規インストール (※2) [1.]でバック... 詳細表示

    • No:28266
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
  • HULFT-WebConnect Agentの設定を引き継ぐ方法について

    汎用的な手順 (※1、※2) 同一リビジョン以上のAgent環境に対して適用可能な引き継ぎ方法です。 通常はこちらの手順を採用してください。 旧環境のAgent導入フォルダ(ディレクトリ)以下の「config」フォルダ(ディレクトリ)をバックアップ 新環境にAgentを新規インストール (※3... 詳細表示

    • No:28265
    • 公開日時:2018/07/02 09:30
  • 「 HULFT-DataMagic Ver.2 」の設定を引き継ぐ方法について

    汎用的な手順 移行元 OS で、 管理情報のエクスポートを実施(utledigenコマンドの実行) 移行先 OS で 1. で作成した管理情報をインポート(utlediupdtコマンドの実行) 例外的な手順 以下の条件をすべて満たす場合のみ適用可能な引き継ぎ方法です。 同一ライセンス間の... 詳細表示

    • No:16167
    • 公開日時:2018/07/02 09:30

10件中 1 - 10 件を表示